日本保健物理学会

HOME > 学会案内 > 「生殖腺防護に関するNCRP声明」翻訳WG

2021年10月11日更新

 

「生殖腺防護に関するNCRP声明」翻訳WG

設置趣旨:

 米国放射線防護審議会(NCRP)は、2021年1月に、生殖腺防護に関する声明(Statement No. 13)とその付属文書(ガイダンスと説明用三つ折りパンフレット)を公開し、これによって、腹部や骨盤の撮影に生殖腺防護は不要と勧告した。

https://ncrponline.org/wp-content/themes/ncrp/PDFs/Statement13.pdf

https://ncrponline.org/wp-content/themes/ncrp/PDFs/Stat13_Companion_Comm.pdf

https://ncrponline.org/wp-content/themes/ncrp/PDFs/NCRP_Gonadal_Shielding_Trifold.pdf

 この声明は、本邦にもとても重要であり、翻訳版の公開によって、より多くの方々への情報共有が可能になる。

 

目的:

 上記の声明と付属文書を翻訳して、翻訳物を保健物理誌のRadiation Protection in the World(RPW)で公開する。

 

設置期間:

 2021年3月1日から8月31日

 

メンバー:

委員(委員長) 浜田 信行 電力中央研究所 上席研究員

委員(幹事)  藤淵 俊王 九州大学 教授

委員                  石川 純也 杏林大学 助教

委員                  伊藤 照生 国際医療福祉大学 教授

委員                  恵谷 玲央 大分県立看護科学大学 助教

委員                  小野 孝二 東京医療保健大学 教授

委員                  西山 祐一 徳島大学 助教

委員                  松原 孝祐 金沢大学 教授

 

成果:

 NCRP声明翻訳版 保健物理,56 (2), 80-93 (2021)

   (解説)NCRP声明とその付属文書:経緯と最近の関連動向 保健物理,56 (3), 107-115 (2021)

 

 

戻る

学会案内

一般社団法人日本保健物理学会 事務局

TEL: 03-6205-4649 / FAX: 03-6205-4659

E-mail: exec.off@jhps.or.jp

ページトップ