日本保健物理学会

HOME > 学会案内 > RI施設における放射線管理を目的とした測定の信頼性確保に関する専門研究会

RI施設における放射線管理を目的とした測定の信頼性確保に関する専門研究会

2022年9月29日 更新

 

1.設置趣旨

 2020年9月11日にRI法施行規則が改正された。改正の中身で特筆すべき点は、2023年10月1日施行の第20条であり、①管理区域に立ち入る放射線業務従事者の外部被ばく線量は「測定の信頼性を確保するための措置を講じること。」とし、ISO/IEC17025認定を受けた機関による測定が要求されるようになること、②場所の線量、汚染の線量測定等は「測定に用いる放射線測定器については点検及び校正を1年ごとに適切に組み合わせて行うこと」とし、測定の信頼性の確保を求めているところにある。

 このような信頼性の確保の考え方について、原子力規制委員会は「放射線障害予防規程に定める事項に関するガイド(以下、予防規程ガイドという。)」にて示す予定であり、直近では2020年12月17日に被規制者団体に対してヒアリングが行われている。

 このヒアリングにおいて提示された資料は原子力規制委員会HP[1]に掲載されているが、その資料1(放射線障害予防規程に定めるべき事項に関するガイドの一部改正案)の別表において準拠すべき規格が例として示されている。しかし、規格が例示されているだけでは、現場の放射線取扱主任者又は管理担当者は、どのように自分達のリソースを規格に合わせるかの判断が困難となることが予想される。

 そこで本研究会では、以下を目的とした調査を提案する。

 

  • 小規模RI事業者から大規模RI事業者に対して、現在使用している放射線測定器の種類や数量、それらの校正・点検方法等についてアンケートを取ることなどにより、現在の国内の状況を把握する。
  • ①に関して各事業者の校正・点検方法等を整理し、我が国における現在のRI事業者の測定の信頼性に関するリソースや技術レベル等について分析する。
  • ②において分析した技術レベル等と、予防規程ガイドが要求している内容(すなわちJISに準拠すること)との整合等について検討し、放射線管理の現場において予防規程ガイドが要求する測定の信頼性を確保するための現実的な手法を提案する。

 

 このように具体的な解決策を現場の放射線取扱主任者又は管理担当者に提示することで、現場レベルで2023年10月の規則施行をスムーズに進めることができると期待できる。

 

[1]原子力規制委員会ホームページ、https://www.nsr.go.jp/disclosure/committee/yuushikisya/RIguide/260000035.html(2020年12月23日閲覧)

 

2.活動計画

 本計画を以下に示す。

  • 2021年度
  • 国内のRI事業者が使用している放射線測定器の種類や数量を調査する。WEB形式又は紙媒体のアンケート方式による意見募集を想定している。
  • 同時に、各事業者が行っている放射線測定器の校正・点検方法についても調査する。
  • 関連規格(ISO/IEC17025、JIS)の内容について確認し、測定の信頼性を確保において要求される事項を整理する。
  • 2022年度
  • 前年度のアンケート結果に基づき、各事業者が行っている放射線測定器の校正・点検方法の技術レベルの分析をする。
  • 予防規程ガイドが要求する測定の信頼性を確保するための現実的な手法を提案する。

 なお、本研究会では、年4回程度の会合を開催する。

 

 また、本研究会での検討結果については、レビュー・レポートを査読付きの論文等として公表する。

 

3.研究会員

委員(主査)        黒澤 忠弘      産業技術総合研究所

委員                    加藤 昌弘      産業技術総合研究所

委員                    桧垣 正吾      東京大学

委員                    稲垣 昌代      近畿大学

委員                    清宮 貴之      株式会社千代田テクノル

委員                    水野 裕元      富士電機株式会社

委員                    片岡 憲昭      東京都立産業技術研究センター

委員                    内田 芳昭    (公財)放射線計測協会

委員(企画委員会)秋吉 優史     大阪公立大学

委員       後藤 健士   日本レイテック** 

幹事                     牧 大介       大分大学***
 

 

*2022.3.31 高橋知之氏 退職に伴い退会

** 2022.6.1 日立製作所から社名変更

***2022.7.1京都大学より大分大学へ異動

 

4.議事録

第1回会合(2021年5月21日開催)

・第2回会合(2021年8月 5日開催)

・第3回会合(2021年11月29日開催)

・第4回会合(2022年2月28日開催)

・第5回会合(2022年5月23日開催)

・第6回会合(2022年9月9日開催)

 

5.その他

信頼性専研 アンケート調査へのご協力のお願い(2021年11月8日)

アンケートフォーム https://higaki.ric.u-tokyo.ac.jp/jhps-senken/

 

戻る

学会案内

一般社団法人日本保健物理学会 事務局

TEL: 03-6205-4649 / FAX: 03-6205-4659

E-mail: exec.off@jhps.or.jp

ページトップ